スチームトラップの省エネ性能|スチームトラップ関することは【爽ビレッジコンサルタント】へ。交換・点検も行っております。

省エネ効果98.5%のオリフィス式スチームトラップ
 
省エネ効果98.5%のオリフィス式スチームトラップ

スチームトラップ・O-TRAPの省エネ性能

スチームトラップの不良を交換するだけで大幅な省エネに

・スチームトラップの老朽化が進んでいる
・スチームトラップの蒸気漏れが酷い
・蒸気ロスで燃料費がかさんでいる
・設置後5年以上交換していない
・省エネを行ってSDGSに貢献したい
スチームトラップは自動的に弁を開閉することで、ドレンを外部へ蒸気を漏らさずに排出できる装置です。
もっとも、開閉弁は設置後2〜5年で経年劣化が進みます。
弁が劣化してダメージが増大するにつれ、蒸気が多量に漏れ出していくため注意が必要です。
そのまま使用し続ければ、漏れた蒸気を補完するために、ボイラーが無駄に稼働するようになり、燃料費がかさんでしまいます。
劣化が進んだスチームトラップの不良をO-TRAPに交換するだけで、無駄に燃料を消費することがなくなり、大幅な省エネにつながります。

既存スチームトラップとO-TRAPの蒸気ロス簡易試算

わずかな情報があれば、スチームトラップからどれだけ蒸気漏れが生じているかを計算できます。
この値を金額換算することで、蒸気ロスを的確に把握することが可能です。
蒸気ロスの簡易計算に必要なデータは、設置しているボイラ蒸気発生量(t/h)と稼働時間(hr/年)、スチームトラップ数です。
どれだけ損をしているかを、レポート結果を元に把握し、交換することでどれくらいコスト削減や省エネにつながるかご案内いたします。

可動部のないシンプル設計で蒸気ロス削減を実現

蒸気ロスが生じている従来のスチームトラップからの交換をおすすめしているO-TRAPは、稼働部がないシンプルな設計です。
ドレンが確実に排出されますので、蒸気漏れはほぼありません。
そのため、無駄にボイラーが稼働して、燃料を浪費することがなくなります。
しかも、O-TRAPは従来の弁式トラップとは異なり、2年から5年程度の短期間で経年劣化する心配もありません。
交換の必要がなく、メンテナンスや点検・管理もしやすいうえ、日々の省エネ作用が高いのがメリットです。

設置事例

タイヤ工場

タイヤ工場においては、加硫工程における加硫機内の金型温度は一定に保たなければなりません。
従来の稼働弁式スチームトラップの場合、弁の開閉に合わせてドレンの排出がなされるので、断続的には行われません。
そのため、加硫機内温度が不安定になりがちです。
O-trapはドレンを連続排出できるので加硫機内温度が安定し、タイヤの品質が安定に貢献します。

飲料工場

飲料工場では極小差圧(0.05MPa以下)でのドレン排出のために、パワートラップを利用しているのが一般的です。
もっとも、パワートラップは導入コストが高いうえ、故障頻度も多く、メンテナンス費用がハイコストになるのがネックです。
O-trapならドレンのスムーズ排出はもとより、交換不要でメンテナンスコストも抑えられます。

発電所

発電所においては、最高使用圧力20.0MPa・Gおよび最高使用温度 500℃に対応できるトラップが必要です。
稼働弁式スチームトラップによる場合、広大なスペースが必要となる巨大なサイズとなり、価格も高くなります。
O-trapならコンパクト設計で低コストでも、問題なく対応できます。

スチームトラップ・リテーナのことならお任せください

電話でのお問い合わせ:
TEL.090-8212-2968

ページの先頭へ