よくある質問|スチームトラップ関することは【爽ビレッジコンサルタント】へ。交換・点検も行っております。

省エネ効果98.5%のオリフィス式スチームトラップ
 
省エネ効果98.5%のオリフィス式スチームトラップ

よくある質問

Q.O -TRAP は円い孔が空いているだけなので、蒸気が漏れるのでは?

A.①O-TRAP は発生した復水(ドレン)でオリフィス孔をシールします。流体は渦を巻きながらオリフィスを通過します。事前に復水発生量を調べ最適なオリフィスを設計することで、蒸気が通過する中心部が復水でシールされ、復水のみをスムーズに排出する状態を作りますので蒸気が漏れることはありません。

②O-TRAP では弁式トラップと違い、ドレン排出が連続しています。 ドレン温度が飽和温度に近い場合、排出時にフラッシュ化され、白煙が目につく 為、大量の蒸気が漏れていると錯覚される場合がありますが蒸気もれは発生していません。

Q.蒸気配管の場合、冬と夏ではドレン量は10 倍以上変動すると思うが、同じ孔径で対応できるのか?

A.夏のドレン発生量は冬のそれと比べて多くて30%減です。O -TRAPはドレン負荷率50%まで蒸気漏れが全くありませんので、冬のドレン発生量に合わせて O-TRAP を選定すれば問題ありません。

Q.機器の負荷は常に変動しているが、同じ孔径で排出できるのか?

A.機器の負荷に追随するメカニズムを説明します。以下の要領でドレン量が変動しています。 

①加熱工程が始まる 
②蒸気流量を増やす 
③装置内の蒸気圧が上昇(最大圧力)
④ドレン流量が増加する(最大ドレン量) 
⑤加熱工程が終了する 
⑥蒸気流量を減らす 
⑦装置内の蒸気圧力低下 
⑧ドレン流量が減る 

蒸気圧力最大の時がドレン流量が最大の時になりますので、ここをクリアしていれば、後の変化は圧力と流量が比例して低減するだけです。ドレン流量が減るとき=圧力が低下する、ですので負荷追随は問題ありません。

Q.ボイラー用水に含まれる珪酸やカルシウムの酸化物・サビなどが詰まらないか?

A.O-TRAP の孔径は標準φ1.0 です。入り口側に60Mesh の Y ストレーナを装着しています。この径になってからは詰まることはほぼ皆無になりました。

Q.O-TRAPのみで

A.可能です。その際に

スチームトラップ・リテーナのことならお任せください

電話でのお問い合わせ:
TEL.090-8212-2968

ページの先頭へ